・プロカメラマンのためのムービー撮影術

・カメラマンにとっての3D CG基礎知識

・スチルカメラマンにとってのムービー撮影を考える

・Capture One 徹底使いこなし術

・PCJライティング講座

・プロカメラマンのための撮影データ管理術

・3ds Maxを用いた新時代写真術





「Capture One Pro」 (以下C1Pro)はカメラマンがRAWファイルを最適化する際、色再現や画質のブラッシュアップなどの一連の作業を大幅に向上させるツールだ。ここでは実際の作業からC1Proの使いこなしを考えていこう。


No.51


スタイルの使いこなし その1





文:湯浅立志
フォトグラファー
1961年群馬県生まれ。東京写真専門学校卒業後、広告写真スタジオのカメラマンとして15年勤務。独立後は雑誌、広告、Web媒体でモデル撮影から商品撮影まで幅広く活動。写真関連の執筆多数。有限会社Y2代表。(社)日本広告写真家協会会員。


http://homepage3.nifty.com/y2/
Flickr:http://www.flickr.com/photos/tatsphoto/
Facebook:http://www.facebook.com/tatsphoto
Twitter:http://twitter.com/#!/tatsphoto



「Capture One Pro 7」 39,900円
対応OS:Windows Vista/7/8
Mac OS X 10.6.8〜10.9.2

日本総代理店:DNPフォトルシオ
http://www.fotolusio.jp/business/
captureone/index.html

Phase One
http://www.phaseone.com/




今回はCaptureOneでのスタイルを使いこなすというテーマで解説しよう。ちょうど夏休みシーズンと言うこともあるので、若干、遊びっぽい内容にしたい。


◀スタイルって何? という人も多いと思うので、そこから説明しよう。

スタイルはツールバーの「スタイルとプリセット」の中にある



◀言葉で説明すると分かりにくいと思うので、作例で実際にやってみよう。

適当な写真を表示させる。



◀マゼンタ、パープル調に色を変えてみる。


◀彩度、クラリティを上げ、ビネットで周辺を落として、より車のフォルムを強調してみた。

これで一応の完成。

この調整を他の画像にも掛けたい、と言うことはよくあることだ。たいていは調整のコピーペーストで他の画像にも同じ調子にしていくと思う。

その際、一時的な調整ならそれでもいいが、自分が気に入っている調整があったり、よく使う調整があることも多いだろう。

そんな時に使うのがスタイルだ。


◀スタイルツールに移動して+ボタンを押すと現在掛かっている調整パラメータをスタイルとして保存できる。


◀+ボタンを押すと左のようにこの写真に施した調整の一覧が表示される。

この調整すべてをスタイルとして保存する場合なら、このまま保存する。

一部の調整パラメータだけをスタイルにしたいときは、その保存したいパラメータだけにチェックを入れて、保存する。

例えば露出などは撮影カットごとに調整値が違うだろうから、スタイルには入れない。


◀デフォルトで「マイスタイル」と言う名前になるので、そこを変えておこう。場所もデフォルトのままにしておくこと。


◀名前は自分さえ分かればよいものなので、なんでもよい。今回は「ドラマチック パープル」にしてみた。


◀スタイルツールに戻ると、このようにユーザースタイルの中に「ドラマチック パープル」が保存された。


◀別の写真を選んで、このスタイルを掛ける

このように、定型の調整が簡単に掛けられるというのがスタイルだ。


◀C1にはこのように自分で作ったスタイル以外にも最初からいろいろなスタイルが入っている。

左のように組み込みスタイルと言うところがそうだ。


◀このメニューにはプリセットも表示されている。プリセットとスタイルの違いは、1つのツールでの調整を保存してあるのがプリセットで、いくつものツールで施した調整を保存するのがスタイルだ。その点を理解して使い分けたい。


◀さて、スタイルはどこに保存されているのだろうか?

左のディレクトリを見ていただくと分かるが、スタイルは ユーザ>ライブラリ>Application Support>Capture One>Styleフォルダ の中に入っている。

名前を変更したいときなど、このディレクトリを覚えておくとよいだろう。


◀さて、以上がスタイルの基本だが、このスタイル、上のように1つのファイルになっているので、他人に配布したりすることができる。

世の中にはこのスタイルを有料で販売している人も多い。

Googleで検索してみるとかなりヒットするので、興味がある人は見ていただきたい。

その中で、今回は無償で配布しているスタイルを使って見ようと思う。以下の2つのサイトにある無料のスタイルを自分のC1の中に入れてみよう。

Free Capture One Styles

Film Styles For Capture One


◀サイトからダウンロードしたら、解凍して、そのファイルを上に書いたC1のスタイルフォルダに入れる。その後、C1を起動すればスタイルが読み込まれている。


◀もしくはスタイルツールから「インポート...」でダウンロードしたスタイルを選択、インポートする。


◀写真にスタイルを掛けてみよう。


◀ダウンロードした10個のスタイルを掛けて見たところ。オリジナルと比べると結構面白い。

C1は他のアプリケーションに比べて、遊びの要素が少ないのだが、このようにスタイルを掛けた写真をFacebookなどのSNSに上げたりするのも楽しいと思う。


◀こちらがオリジナル


◀モデルカットにも掛けてみる。ダウンロードしたスタイルが気に入ればそのまま使ってもよいし、そこから微調整してもよい。


◀こちらがオリジナル

モデル:永野里美


◀また、スタイルはスタックして使うこともできる。

スタックとはいくつものスタイルを重ねがけするという意味だ。左の例では4個のスタイルを重ねている。


◀毎回のことだが、このように調整を気ままに掛けていると自分の方向性を見失ってしまい、自分でも分からなくなってしまうことがある。

C1は非破壊編集のアプリケーションなので、どんなに調整をしまくったとしても、元のデータをいじってはいないので、いつでも元に戻せる。リセットボタンを押せばすべての調整がない状態に戻る。



今回はスタイルについて解説した。

ネット上にはこのようなスタイルは結構配布しているサイトがある。面白いスタイルを見つけても楽しいが、そのスタイルがどのように調整したらそうなるのか?パラメータを1つずつ解剖していっても勉強になる。

また、面白いスタイルができたら、自分も配布する側になるというのもよいだろう。

スタイルについては機会を改めてもう一回書くつもりだ。今回はここまで。


↑Page Top


| ご利用について | 広告掲載のご案内 | プライバシーについて | 会社概要 | お問い合わせ |
Copyright (c)2010 colors ltd. All rights reserved