・プロカメラマンのためのムービー撮影術

・カメラマンにとっての3D CG基礎知識

・スチルカメラマンにとってのムービー撮影を考える

・Capture One 徹底使いこなし術

・PCJライティング講座

・プロカメラマンのための撮影データ管理術

・3ds Maxを用いた新時代写真術





「Capture One Pro」 (以下C1Pro)はカメラマンがRAWファイルを最適化する際、色再現や画質のブラッシュアップなどの一連の作業を大幅に向上させるツールだ。ここでは実際の作業からC1Proの使いこなしを考えていこう。


No.49


キャプチャー設定と基本特性





文:湯浅立志
フォトグラファー
1961年群馬県生まれ。東京写真専門学校卒業後、広告写真スタジオのカメラマンとして15年勤務。独立後は雑誌、広告、Web媒体でモデル撮影から商品撮影まで幅広く活動。写真関連の執筆多数。有限会社Y2代表。(社)日本広告写真家協会会員。


http://homepage3.nifty.com/y2/
Flickr:http://www.flickr.com/photos/tatsphoto/
Facebook:http://www.facebook.com/tatsphoto
Twitter:http://twitter.com/#!/tatsphoto



「Capture One Pro 7」 39,900円
対応OS:Windows Vista/7/8
Mac OS X 10.6.8〜10.9.2

日本総代理店:DNPフォトルシオ
http://www.fotolusio.jp/business/
captureone/index.html

Phase One
http://www.phaseone.com/




今回のタイトルは悩んだ。ツールの名前なので変えようもないが、ちょっと堅すぎるんじゃないか? と思って、他の言い回しを考えてみたがこれ以上のものが思いつかなかった。

キャプチャー設定と基本特性が今回のテーマだが、C1のツールの名前、そのままだ。この2つのツール設定で主にデジタルカメラをテザー撮影するときの設定について解説する。



◀左がキャプチャー設定ツールだ。撮影ツールの中にある。

テザー撮影するとき、そのカメラのプロファイルなどを設定するツールになる。


◀左はデフォルトのままになっている。プロファイルはデフォルト、その他は「最後からのコピー」になる。


◀左はカラーツールの中にある、基本特性ツール。


◀キャプチャー設定でデフォルトとなっているのはここの設定のことを指す。

左もデフォルトのままだ。

このままシャッターを切れば、デフォルトのプロファイル「Phase One IQ280 Flash」でカーブは「FilmStandard」と言う設定が掛かった状態で画像が取り込まれていくという仕組みになっている。


◀フォトグラファーによって撮影ジャンルはさまざまなので、このデフォルトの設定が、使うフォトグラファーに合っていない場合もあるだろう。

その時はキャプチャー設定でデフォルトから他のプロファイルに変更することもできる。


◀僕などは機械ものの撮影が多いので、きちんとしたグレーが出てくれた方がありがたい。そこでよく使うのが「Flash Easy Gray」というプロファイルだ。

撮影するたびにここをデフォルトから変更すれば、そのプロファイルで撮影ができる。


◀また、ここをデフォルトではなく、「最後からコピー」にすると、直前の設定のまま、次からの撮影で取り込まれる画像はその設定になる。

ただ、次に起動したときにはC1のデフォルトに戻ってしまうので、面倒と思う人も多いだろう。

撮影ジャンルがほとんど決まっているフォトグラファーなら、デフォルト設定を自分好みにしてしまう方が断然使いやすくなる。


◀キャプチャー設定のデフォルトを変えるには、基本特性のプロファイルを変更することから始まる。

自分好みの設定に変更したら、基本特性ツールの上のバー、一番右にある下向き三角マークをクリックすると、左のようなメニューが出る。

ここで「IQ280のデフォルト値として保存」を選ぶ。


◀左のようなアラートが出るが、これは今表示している画像にその設定を適用するかどうか? を聞いているので、そうしたかったら適用を押す。実際問題としてこれはどちらでもよい。要はこのデフォルト設定ができるようになると言うことが、ここでの目的だから。


◀これで、キャプチャー設定はデフォルトで撮影しても、撮影された画像には「Flash Easy Gray」というプロファイルが付いた状態で撮影されるようになる。


◀上記のカスタマイズは、使い慣れているフォトグラファーにはかなり便利なのだが、得てして、そのデフォルト設定を忘れてしまったまま違う撮影をしてしまうことも多い。設定を変えたなら、それを忘れないようにしておこう。

それから、デフォルト設定を元に戻したいと言うときもあるだろう。その時は左のようにサブメニューからリセットを選べば、元のデフォルト設定に戻る。


◀この基本特性の設定は使いこなせれば日頃の撮影で便利になる。

プロフェッショナルフォトグラファーなら、いろいろな撮影が舞い込んでくるだろう。その撮影ジャンルによっていくつかユーザープリセットを作っておくと便利だ。

たとえば金属製品が多い撮影なら「Flash Easy Gray」でユーザープリセットを保存しておく。ここではカーブはデフォルトのままにしてあるが、金属製品なら、かっちりした仕上がりにしたいという時も多いだろう。その時は「Film High Contrast」の方がよいかもしれない。


◀保存を選ぶと左のようなウィンドウが出る。保存する要素にチェックが入っているので、そのまま保存を押す。


◀名前を入れて、保存する。


◀ユーザープリセットとしてこのようにいくつか保存しておける。


◀Phase Oneデジタルバックだけでなく、他のカメラでも見てみよう。

左はマミヤのDM28だ。


◀左がDM28のデフォルト設定になる。DM28は基本的にLeafと同じなので、プロファイル、カーブの種類が多い。


◀左がDM28のプロファイル。


◀左がカーブの設定だ。この中から、自分好みの設定にする。


◀僕の場合、DM28はモデル用と商品撮影用の2種類を作っている。左はモデル用。


◀左は商品用。


◀Leafの場合、カーブも種類が多い。微妙にレベルが違うので参考までに見ていただきたい。


◀左はProduct。


◀Portrait。


◀Portrait Soft。


◀Open。


◀次にニコンD800。


◀Phase Oneデジタルバック以外のカメラではほとんどの場合、Genericプロファイルしかない。


◀ただ、カーブに関しては、ニコンではPortraitが選べる。


◀モデル撮影の多いフォトグラファーだったら、このカーブでデフォルト設定にしてしまうという方法も便利ではないかと思う。



今回はキャプチャー設定と基本特性について解説した。

テザー撮影するときに、この部分を知っていると便利になるはずだ。特にプロだと毎日のように撮影なので、簡単で間違いのない設定は事前に確立しておくべきだ。

なお、この設定は撮影後、後からでも変更はできる。ただし、デフォルトに戻す、ということを行うと、そもそものデフォルトが変更されて撮影していると、その撮影時のデフォルトになるので、デフォルトに戻すの意味が違ってくることを覚えておいてもらいたい。

また、何人ものフォトグラファーが所属しているようなプロダクションでも、この設定は便利だが、その反面、ちゃんと理解していないと間違えることもある、と覚えておこう。



↑Page Top


| ご利用について | 広告掲載のご案内 | プライバシーについて | 会社概要 | お問い合わせ |
Copyright (c)2010 colors ltd. All rights reserved