●今気になる最新ツール

●PCJ Review

●PhaseOne シュナイダー全レンズレビュー

●プロカメラマンのためのこだわりグッズ

●新製品インタビュー




第35回 ニコン 「Nikon D750」

このコーナーでは、コンパクトデジタルカメラからハイエンドカメラ、撮影用品、各種ソフトウェアまで、仕事や作品制作、趣味を問わず、プロカメラマンが使ってみたくなる話題のツールを毎回取り上げていく。

文:津島隆雄
1971年青森県生まれ。学校写真カメラマン、コマーシャルスタジオのアシスタントを経て1999年よりフリー。 物撮りから人物などさまざまな写真業務全般、画像処理全般を手がける。
http://gungh6.wix.com/takaotsushima



▲Nikon D750 AF-S NIKKOR 24-120mm/f4G ED VR



● Nikon D750 基本スペック
・有効画素数    2,432万画素
・撮像素子     35.9x24.0mm ニコンFXフォーマットCMOSセンサー
・撮影感度     ISO100~12800(1/2、1/3EVステップ)ISO50相当までの減感、ISO51200相当まで増感可能
・液晶モニタ    3.2型約122.9万ドットTFT、チルト式、視野角170°
・ファインダ    視野率100%
・シンクロ同調速度 1/200秒
・動画       Full HD (60p/50p/30p/25p/24p)
・サイズ(本体のみ) 140.5mm(幅) x 113mm(高さ) x 78mm(奥行き)
・質量(本体のみ)  750g

●AF-S NIKKOR 24-120mm/f4G ED VR
・レンズ構成 13群17枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコート)
・焦点距離  24mm~120mm
・撮影距離  0.45m~
・寸法    84mm x 103.5mm
・質量    710g



Nikon D750製品ページへ



●Nikon D750 概要

D750は、ニコンFXフォーマット(フルサイズ)デジタル一眼レフの中堅にあたるであろう機種だ。上級には3,600万画素のD810があり、入門機にはD610(2,400万画素)が存在する。D750は使いやすい2,400万画素機で、D810より170g、D610より50g、軽量化を実現している。ボディも小型化され、深いグリップのホールド感が心地よく、FXフォーマット機では初のチルト式液晶を備える。またWi-Fiを装備することによって、機動性を発揮するモデルに仕上がっている。


●作例

◀・1/2000 f4.0 ISO400 WB/5000k
 ・焦点距離120mm
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・D-ライト/オフ
 ・JPEG撮影
  (クリックで拡大)


本体の見た目は、D610と変わらないように思われるが、 若干ではあるが薄くなり、グリップも深くなっているため、しっかりとしたホールド感が感じられ、かなりよく手になじむ。シャッターフィーリング、AFもテキパキとしているため、快適に撮影することができる。

◀・1/100 f5.0 ISO400 WB/5000k
 ・焦点距離24mm
 ・ピクチャーコントロール/ビビット
 ・D-ライト/オート
 ・JPEG撮影
  (クリックで拡大)


3,600万画素のD810の画像は素晴らしいが、2,400万画素のD750の画像も美しい。2,400万画素あたりの画素数が一番バランスがとれているようにも感じる。D750は軽快にフットワーク良く、楽しく撮影できるカメラだ。

◀・1/640 f4.0 ISO100 WB/5000k
 ・焦点距離100mm
 ・ピクチャーコントロール/ビビット
 ・D-ライト/オート
 ・JPEG撮影
  (クリックで拡大)


今回使用したズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-120mm/f4G ED VR」は、ナノクリスタルコートでヌケも良く使いやすいレンズである。D750に装着すると、レンズが大きく感じるが、D750と相性が良く、カメラ、レンズのレスポンスが良いため、これ1本で広角から望遠まで無理なく撮影が行える。

◀・1/500 f7.1 ISO100 WB/5000k
 ・焦点距離24mm
 ・ピクチャーコントロール/ビビット
 ・D-ライト/オフ
 ・JPEG撮影
注:画像の隅がケラレているのはフードがしっかり装着されていなかった為です。
  (クリックで拡大)


ファインダーはクリアで見やすい。背面液晶も屋外においても視認しやすく使いやすい。背面液晶は明るさだけでなく、色も調整できるので、環境光に合わせた設定や自分好みの設定にすることも可能である。

◀・1/2000 f4.0 ISO400 WB/オート
 ・焦点距離120mm
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・D-ライト/オフ
 ・JPEG撮影
  (クリックで拡大)


D750は、ほぼ何もしない設定で問題なく撮影できる。写真の仕上がりは美しく、さまざまなシチュエーションにおいても、安心して撮れる。操作性に関しても、他社製カメラに馴染んでいる人も、迷うことなくすんなり使えるだろう。

◀・1/50 f22 ISO800 Capture NX-Dで現像 
 ・焦点距離24mm
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
  (クリックで拡大)


チルト液晶の使い勝手も良くローアングルの撮影のしやすさは抜群である。縦位置で使用するには、バリアングルにするしかないが、バリアングルは使用しづらい面もある。割り切って横位置のみと考えればチルト式が使いやすい。

◀無料版のCapture NX-D画面
(クリックで拡大)

有料版のCapture NX2は終了したので、RAW現像には無料版のCapture NX-Dでの現像処理となる。基本パラメータはNX2とほぼ同じなので、特に迷うことなく使用できる。カラーコントロールポイントは装備されていない。

◀・1/1250 f4 ISO400 Capture NX-Dで現像 
 ・焦点距離120mm
 ・ピクチャーコントロール/ビビット
  (クリックで拡大)


◀・1/1600 f4 ISO400 Capture NX-Dで現像 
 ・焦点距離120mm
 ・ピクチャーコントロール/ビビット
  (クリックで拡大)


◀・1/40 f5.0 ISO800 WBオート
 ・焦点距離120mm
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・D-ライト/オフ
 ・JPEG撮影
  (クリックで拡大)


◀・1/100 f4.5 ISO800 WB/オート
 ・焦点距離38mm
 ・ピクチャーコントロール
スタンダード
 ・D-ライト
オフ
 ・JPEG撮影

  (クリックで拡大)


◀・1/60 f4.0 ISO800 WB/オート
 ・焦点距離24mm
 ・ピクチャーコントロール
スタンダード
 ・D-ライト
オフ
 ・JPEG撮影

  (クリックで拡大)

◀・1/50 f5.0 ISO800 WB/オート
 ・焦点距離70mm
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・D-ライト/オフ
 ・JPEG撮影

  (クリックで拡大)

◀・1/100 f4.0 ISO800 WB/オート
 ・焦点距離92mm
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・D-ライト/オフ
 ・JPEG撮影

  (クリックで拡大)

◀・1/100 f4.0 ISO800 WB//オート
 ・焦点距離78mm
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・D-ライト/オフ
 ・JPEG撮影

  (クリックで拡大)




D750は、ほぼ死角がないカメラに仕上がっている。扱いやすい2,400万画素フルサイズセンサー、持ちやすい軽量ボディ、軽快で低照度にも強いAFシステム、6.5コマの連続撮影、そしてWi-Fi搭載など、現時点でのデジタル一眼としての完成度は高い。

願わくば中央部に寄りすぎなAFフォーカスポイントが、もっと広範囲をカバーしてくれることと、GPS対抗くらいだろう。贅沢な要望である。

もうすでにカメラが用意してくれることは十分である。後は写真を撮ることに集中しよう。


↑Page Top

| ご利用について | 広告掲載のご案内 | プライバシーについて | 会社概要 | お問い合わせ |
Copyright (c)2010 colors ltd. All rights reserved