●今気になる最新ツール

●PCJ Review

●PhaseOne シュナイダー全レンズレビュー

●プロカメラマンのためのこだわりグッズ

●新製品インタビュー




第32回 Nikon 1 V3

このコーナーでは、コンパクトデジタルカメラからハイエンドカメラ、撮影用品、各種ソフトウェアまで、仕事や作品制作、趣味を問わず、プロカメラマンが使ってみたくなる話題のツールを毎回取り上げていく。

文:津島隆雄
1971年青森県生まれ。学校写真カメラマン、コマーシャルスタジオのアシスタントを経て1999年よりフリー。 物撮りから人物などさまざまな写真業務全般、画像処理全般を手がける。
http://gungh6.wix.com/takaotsushima



◀V30890.jpg/Nikon 1 V3+1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6PD-ZOOM+電子ビューファインダーDF-N1000


● Nikon 1 V3 基本スペック
・有効画素数    1839万画素
・撮像素子     1インチ(13.2mmx8.8mm)CMOSセンサー/NikonCXフォーマット(レンズ焦点距離の2.7倍相当/35mm判換算)
・撮影感度     ISO160~12800(ISO200以上は1EVステップ
・液晶モニタ    3.型約104万ドットチルト式TFTタッチパネルモニター
・連続撮影速度   6コマ/秒、 10コマ/秒、 20コマ/秒、 30コマ/秒、 60コマ/秒
・記録媒体     microSD、 microSDHC、 microSDXC
・サイズ(本体のみ) 110.9mm(幅) x 65mm(高さ) x 33.2mm(奥行き)
・質量(本体のみ)  282g

●電子ビューファインダーDF-N1000
・カラー液晶ビューファインダー、0.48型TFT、236万ドット
・視野率100%
・ サイズ      32.5mm(幅) x 33.7mm(高さ) x 40.8mm(奥行き)
・ 質量       26g




レンズ左より
・1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
・1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
・1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6PD-ZOOM
・1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6


使用レンズ

● 1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6
・レンズ構成 7群11枚(非球面3枚、ED3枚)
・焦点距離  6.7mm-13mm(35mm判換算18mm-35mm相当)
・撮影距離  0.25m~
・寸法    56.5mm x 46mm
・質量    125g

● 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6PD-ZOOM
・レンズ構成 7群9枚(非球面4枚、ED1枚)
・焦点距離  10mm-30mm(35mm判換算27mm-81mm相当)
・撮影距離  0.2m~
・寸法    58mm x 28mm
・質量    85g

● 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
・レンズ構成 12群18枚(ED2枚)
・焦点距離  30mm-110mm(35mm判換算81mm-297mm相当)
・撮影距離  1m~
・寸法    60mm x 61mm
・質量    180g

● 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
・レンズ構成 10群16枚(スーパーED1枚、ナノクリスタルコート)
・焦点距離  70mm-300mm(35mm判換算189mm-810mm相当)
・撮影距離  1m~(70mm)、1.6m~(150mm以上)
・寸法    73mm x 108mm
・質量    550g




●Nikon 1 V3のサイトへ



●Nikon 1 V3の概要

Nikon 1 V3は、1インチ(13.2mm×8.8mm)のセンサーを使用するミラーレスカメラ。このセンサーは、ニコンではV3、V2、J4、S2、AW1、他社ではソニーRX-100、RX-10、パナソニック FZ-1000などで採用されている。マイクロフォーサーズより一回り小さなセンサーサイズで、焦点距離はレンズ表記2.7倍相当にあたる。ニコンではレンズ交換式アドバンストカメラという位置づけで、小型軽量で高速なAFと高速連射機能を持ち、軽快に撮影することができる。ちなみに同シリーズのAW1は水深15m防水で、現在で唯一のレンズ交換式防水デジタルカメラである。


●作例

◀・1/80 f5.0 ISO400 WBオート
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・ 1 NIKKOR VR 6.7-13mm 6.7mm(35mm判換算18mm相当)
 ・Capture NX 2にてRAWからJPEG現像
  (クリックで拡大)


比較的小さな1インチセンサーだが、画質も解像度も必要十分な力を持っている。RAW形式での記録も可能なのでCapture NXで現像することによって、より高画質で質のいい画像を得られる。

◀・1/1600 f5.0 ISO400 WBオート
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・ 1 NIKKOR VR 30-110mm 71.6mm(35mm判換算193mm相当)
 ・Capture NX 2にてRAWからJPEG現像
  (クリックで拡大)


望遠ズームでの描写もしっかりしていて、ボケを綺麗に表現する。本体+ファインダー+レンズで約500g。驚異的な小ささと軽さとこの高画質である。なお、記録媒体はmicro SDなので注意が必要である。カードが小さいので紛失しそうである。比較的大容量のカードを入れっぱなしで使うほうが良いかもしれない。

◀・1/2500 f7.1 ISO400 WBオート
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・ 1 NIKKOR VR 30-110mm 44.2mm(35mm判換算119mm相当)
 ・JPEG撮影
  (クリックで拡大)


撮影したままのJPEG。若干緩いように感じるが、ピクチャーコントロール内のシャープ、コントラストの数値を操作することで十分綺麗な画像に仕上げることができそうである。表現が難しい山々の稜線もしっかり、美しく表現されている。JPEGは上手くノイズがカットされて美しい画像である。

◀・1/3200 f8.0 ISO160 WBオート
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・ 1 NIKKOR VR 10-30mm 10mm(35mm判換算27mm相当)
 ・Capture NX 2にてRAWからJPEG現像
  (クリックで拡大)


重さわずか85g、厚さ28mm(沈胴時)のコンパクトな標準ズーム。コンパクトでありながらVR(手振れ)機能、パワーズームを備える。描写もクリアーで雲の質感もしっかりと描写している。

◀・1/320 f5.6 ISO400 WBオート
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・ 1 NIKKOR VR 70-300mm 126.4mm(35mm判換算341mm相当)
 ・Capture NX 2にてRAWからJPEG現像
  (クリックで拡大)


35mm判換算で189mm-810mm相当、驚愕の550gの超望遠ズーム。ナノクリスタルコートを採用しているので、ヌケも良くクリアーな描写をする。何より800mm相当で550gである。VR機能もしっかり機能する。800mmのレンズを常に持ち歩けるので従来とは違った目線で撮影することができる。

◀・1/160 f5.6 ISO400 WBオート
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・ 1 NIKKOR VR 70-300mm 162.4mm(35mm判換算438mm相当)
 ・Capture NX 2にてRAWからJPEG現像
  (クリックで拡大)


◀・1/160 f5.6 ISO200 WBオート
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・ 1 NIKKOR VR 70-300mm 300mm(35mm判換算810mm相当)
 ・Capture NX 2にてRAWからJPEG現像
  (クリックで拡大)


◀・1/1600 f5.6 ISO400 WBオート
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・ 1 NIKKOR VR 70-300mm 280.3mm(35mm判換算756mm相当)
 ・Capture NX 2にてRAWからJPEG現像
  (クリックで拡大)


◀・約20コマ/秒
  (クリックで拡大)


このカメラの最大の魅力といってもいいのが、高速連射機能である。 6コマ/秒、 10コマ/秒、 20コマ/秒、 30コマ/秒、 60コマ/秒の連射ができので、瞬間を逃すことなくしっかり撮影可能だ。しかし、高速なカードを使用しないとかなり書き込みに待たせられるので注意が必要である。

◀・1/160 f10 ISO400 WBオート
 ・ピクチャーコントロール/スタンダード
 ・ 1 NIKKOR VR 30-110mm 47.5mm(35mm判換算128mm相当)
 ・Capture NX 2にてRAWからJPEG現像
  (クリックで拡大)


高速連射からの1コマ。ラージJPEG+RAWでも高速連射が可能。

●動画の作例

◀動画(768x288/400fps)
  (クリックでスタート)


また、スローモーション撮影が可能である。
1280x720/120fps、768x288/400fps、 416x144/1200fpsの記録が行える。

◀動画(768x288/400fps)
  (クリックでスタート)

普段なかなか見ることのない世界、撮影が難しい世界をちょっと覗くことができる。

◀動画
  (クリックでスタート)

こちらは早送り動画で雲の動きを追っている。約4倍速で記録される。

◀動画
  (クリックでスタート)

もちろん通常の動画も充分美しく、被写体のAFなどしっかりとしている、フォーカスはかなり速く、正確なピント合わせをする。




ニコンの1インチミラーレスカメラ、Vシリーズの3世代目のカメラで、電子ファインダーは外付けに変更されている。すでに3世代目なので、AF性能や連射性能など順調に進化している。(V1のレビューはこちら)

今回驚いたのは高速連射機能で、かなりの高速で連射が可能だ。しかもラージサイズ、高画質JPEG+なんとRAWでも高速連射が行える。これにより、高画質な連射画像を取得することが可能になる。

従来の高速な連射画像は、軽いJPEGなどで可能ではあったが、使えるサイズが小さかった。V3によって大きなデータでも高速連射画像を取得できるのは魅力だ。これは一般の撮影だけでなく、特殊な撮影(学術用途や、高速撮影イメージ、ゴルフのスイングチェック、運動時のフォーム、スタイルチェックなど)にも便利だ。

また、動画もスローモーション動画など特殊なイメージの撮影に対応する。

このような撮影がV3で行えることを覚えておけば、今まで難しかった上記のような撮影を依頼された時でも、十分対応できるだろう。


↑Page Top

| ご利用について | 広告掲載のご案内 | プライバシーについて | 会社概要 | お問い合わせ |
Copyright (c)2010 colors ltd. All rights reserved