●今気になる最新ツール

●PCJ Review

●PhaseOne シュナイダー全レンズレビュー

●プロカメラマンのためのこだわりグッズ

●新製品インタビュー




第15回 On One Software Perfect Effects Free 4

このコーナーでは、コンパクトデジタルカメラからハイエンドカメラ、撮影用品、各種ソフトウェアまで、仕事や作品制作、趣味を問わず、プロカメラマンが使ってみたくなる話題のツールを毎回取り上げていく。

文:津島隆雄
1971年青森県生まれ。学校写真カメラマン、コマーシャルスタジオのアシスタントを経て1999年よりフリー。 物撮りから人物などさまざまな写真業務全般、画像処理全般を手がける。
http://www.gungho.or.tv/



●システム条件
・Mac : OSX 10.6、10.7、10.8(10.7以降を推奨)
・Windows : Vista、7、8(64bit版を推奨)
・Intel Core2 Duo、Xeonまたはそれ以上(クアッドコアCorei5、Xeonより優れるプロセッサを推奨)
・RAM 4GB(8GB以上を推奨)
・1.5GB以上のHDDの空き容量
・256MBビデオRAMのOpenGL2.0対応のビデオカード(1GB以上のビデオRAMOpenGL4.0対応ビデオカードを推奨)
・Photoshop CS4~CS6、PhotoshopElements9~11、Lightroom2~4、Apple Aperture2.1~3に対応
・英語版のみ


On One Software Perfect Effects Free 4のダウンロード



●無料で使用できるさまざまなエフェクトフィルター

On One Softwareの「Perfect Effects Free 4」は、無料で使用できるるさまざまなフィルターを持つソフトウェアである。スタンドアロン版の他、Photoshop、Photoshop Elements、Lightroom、Apertureで使用できる。

最近のコンパクトデジタルカメラやスマートフォンアプリなどは、撮影した画像にさまざまなフィルターをかけ、簡単にレトロな雰囲気やHDRのような雰囲気など、さまざまなエフェクト処理が行えるが、このソフトウェアも簡単にさまざまな効果のエフェクトをかけることができる。無料のFree版はエフェクト数73であるが、もっと必要なユーザーには、エフェクト数401の有料版もある。

「Perfect Effects Free 4」に画像を読み込んだ状態。左側にエフェクトの種類、右側はレイヤーウインドウになっていて、エフェクトの効果具合や、エフェクトレイヤーの重ね方を変えることができる。また、レイヤーを重ねていくことで1つのエフェクトだけでなく、複数を重ねて、効果的な画像を作成できる。
(クリックで拡大)


●Vintage

オリジナルJPEG画像
  Fuji Film X-Pro1 
  XF18mm(35mm換算27mm)
  1/25、f5.6、ISO800、AWB
 (クリックで拡大)


Vintage/Avrill(クリックで拡大)


Vintage/Brandon(クリックで拡大)


Vintage/David(クリックで拡大)


Vintage/Honky Tonk(クリックで拡大)


Vintage/Mayor(クリックで拡大)

Vintage/Robin(クリックで拡大)


Vintage/Vintage Blue Yellow(クリックで拡大)

Vintage/Vintage Red Yellow(クリックで拡大)


●True Film

オリジナルJPEG画像
  SONY DSC-RX100
  10.4mm(35mm換算28mm)
  1/125、f5.6、ISO1600、AWB
 (クリックで拡大)

True Film/ColorChrome(クリックで拡大)

True Film/Infrared(クリックで拡大)

True Film/Kodak Tri-X400(クリックで拡大)


●HDR

オリジナルJPEG画像
  SONY DSC-RX100 
  37mm(35mm換算100mm)
  1/1000、f5.0、ISO80、AWB
 (クリックで拡大)


HDR/HDR Look Natural(クリックで拡大)


HDR/HDR Look Subtle(クリックで拡大)


HDR/HDR Look Surreal(クリックで拡大)


ここではVintage、 True Film、HDRの3種類を紹介したが、他にはB&W、Brushes、Borders、Contrast、Cross Process、Glow、Graduated Filters、Landscape、Movie Looks、Portrait Retouch、Sharpening、Texures、Vignettesがある。


●いくつかのエフェクトを組み合わせた例

オリジナル(クリックで拡大)


補正後。エフェクトはVintageとBorders、Texturesの組み合わせ(クリックで拡大)





今回は撮りっぱなしのJPEGを利用したが、TIFFなどの画像も扱える。筆者の5D MarkIIのRAWでも扱えたため、大方のRAWフォーマットも扱えるようである。処理した画像はPSD、PSB、TIFF、JPEG、PNGで書き出すこともできる。

このソフトウェア内でレイヤーにマスク処理ができることで、ただエフェクト処理するだけでなく、さまざまな画像処理に応用が利くようになっている。

また、PSDなどは、エフェクトのレイヤーを残したまま書き出すことができるので、使い慣れたPhotoshopでさらに処理を重ねたりすることも可能だ。

Photoshopなどでは足りない効果を補うためのツールとして利用してみてはいかがだろうか。


↑Page Top

| ご利用について | 広告掲載のご案内 | プライバシーについて | 会社概要 | お問い合わせ |
Copyright (c)2010 colors ltd. All rights reserved