●今気になる最新ツール

●PCJ Review

●PhaseOne シュナイダー全レンズレビュー

●プロカメラマンのためのこだわりグッズ

●新製品インタビュー



ストロボコントロールプラグイン


Capture One 6.2からストロボをコントロールする「Profoto Air」



プロフォトのストロボを無線コントロールする「Profoto Air」のCapture One用プラグインソフト「Profoto Studio」がプロフォトからリリースされた。最近ではストロボのみならず、同社のタングステンライト、HMIライトもこの Profoto Airからコントロールできるようになっている。ここでは、その使い勝手を紹介する。
文:湯浅立志





「Profoto Air」は、Profoto社のストロボを無線コントロールする機能の総称だ。最近ではストロボのみならず、同社のタングステンライト、HMIライトもこの Profoto Airからコントロールできるようになっている。ストロボに関しては当然、無線シンクロも兼ねている。

4月にCapture Oneのプラグイン「Profoto Studio」としてこのProfoto Airがリリースされ、C1上からシームレスなストロボ操作が可能になった。言葉だけだと伝わりにくいと思うので以下のムービーを見て頂きたい。

Profoto Air


このようにC1からストロボコントロールができることにより、撮影現場がどれだけ楽になるか、スタジオ撮影の多いフォトグラファーならすぐにお分かりいただけると思う。

それでは順を追ってC1からProfoto Airを使う解説をしていこう。



まず必要なのはProfoto Air Systemを搭載したストロボ(Pro-8a Air、D1 Air、D4 Air/2011年4月現在)とProfoto Air USBトランシーバー。

もちろんC1はバージョン6以降が必要だ。

準備ができたらProfoto Studio Plug-inをダウンロードしインストール。

詳細はこちらへ。Profoto


◀プラグインはProfotoのサイトでメールアドレスを入れて、送られてきたアドレスからダウンロードになる。


◀ダウンロードされた「ProfotoPlugin.bundle」をダブルクリック。C1が起動し、プラグインをインストールするかを聞いてくるのでOKをクリックするとplug-inがC1に入る。


◀C1が起動したらまずツールを追加する。

プラグインは「Profoto Studio」という名前なので、C1のツールウィンドウから右クリック、ツールを追加>Profoto Studio を選択する。


◀ツールに入ったら、まず「Update」ボタンを押す。使用可能なプロフォトを探して登録するためだ。

これでC1からProfoto Studioを使ってのストロボコントロールができるようになる。


◀アップデート後。左の例ではD1が2台見つかった。


◀ツールの各操作は左のようになっている。アップデートで認識されれば、電源ボタンをクリックするだけで、すべてのストロボが電源オンになる。


◀各ストロボの出力調整はグループ選択をされたものが変わる。

グループがマスターになっていればそのすべてで一律調整になる。

このグループを分けておけば1灯ずつの調整ができる。


◀左の例ではAのストロボのパワーを6.0まで上げたと言うことだ。


◀ストロボのチャンネルと、グループ分けはストロボで行う。1灯ずつ違えてもよいし、規模によっては同じチャンネル、同じグループ名が複数台あってもよい。使い方はフォトグラファー次第。


◀4灯を4方向からライティングしてみた。


◀すべて同じ出力だと影が4方向に出る。

Profoto Studioツールの表示でも同じ出力と分かるだろう。


◀左後ろのストロボがA。それだけ+2出力を上げた。


◀左手前のストロボがB。それだけ+2出力を上げた。


◀右後ろのストロボがC。それだけ+2出力を上げた。


◀右手前のストロボがD。それだけ+2出力を上げた。


◀このようにライトの変更、そして、シャッターを切る、露出の調整までPC画面から離れることなくマウスクリックだけでできてしまう。

もちろん、この調整はプロフォトAirのリモートシンクロからも可能だ。


PCJ連載記事「Capture One 徹底使いこなし術 」の第14回、「Capture One 6.2でキヤノン、ニコンのカメラコントロール」でC1からカメラをコントロールできるようになったことを書いたが、このProfoto Airを組み合わせることにより、さらにC1だけですべてが制御できる環境になる。これはアシスタントも少なくて済むなど、撮影現場での省力化と時間短縮、さらにその結果として経費節減にもなるだろう。

↑Page Top

| ご利用について | 広告掲載のご案内 | プライバシーについて | 会社概要 | お問い合わせ |
Copyright (c)2010 colors ltd. All rights reserved