●PCJ Interview
・File13 佐野円香
・File12 飯田かずな
・File11 河合俊哉
・File10 酒匂オサム
・File09 P.M.Ken

・File08 高木こずえ
・File07 太田拓実
・File06 鈴木心
・File05 青山裕企
・File04 小山泰介
・File03 奥本昭久
・File02 常盤響
・File01 辻佐織

●Company File
・File10 ペンタックスリコーイメージング
・File09 ハッセルブラッド・ジャパン
・File08 アドビ システムズ
・File07 富士フイルム
・File06 駒村商会
・File05 ジナー
・File04 ハッセルブラッド
・File03 シグマ
・File02 フェーズワン
・File01 ライカ

●Overseas Photographers
・File10 Peter Kaaden
File09 Josh Madson
・File08 Michael Kenna
・File07 Todd McLellan
・File06 Mona Kuhn
・File05 Diana Scheunemann
・File04 Albert Watson
・File03 Nick Meek
・File02 Rankin
・File01 Ron van Dongen







翻訳:編集部

→English Version



●プロフィール
1989年、ドイツ、エッセン生まれ。ドルトムントの大学で写真を勉強し、2011年にRyan McGinleyのアシスタントをするためにニューヨークに移る。2012年よりRuvan Wijesooriyaのアシスタントを経て、2013年にベルリンに移る。現在、ベルリンとロンドンで活動中。
http://www.peterkaaden.com/


「シリーズ海外写真家たちに聞く」では、現在活躍されている海外写真家の方々に、「バイオグラフィー」「活動内容」「現在の道具」「今後の活動」という4つの質問を軸にインタビューを行っていく。今回はハードなライフスタイルを撮り続けるドイツ出身のフォトグラファー、ピーター・カーデン氏にインタビューを行った。

All Photographs © Peter Kaaden




◆Peter Kaadenの作品


















▲(クリックで拡大)

●Biography バイオグラフィー

Q:いつ、どこで生まれましたか?。

Peter(以下P):1989年ドイツのエッセンに生まれました。

Q:写真を始めたのは何歳の頃ですか? 何故写真に興味を持ったか覚えていますか?

P:年齢はもうあまり覚えていません。私の母がファッション写真のスタイリストだったので、私はいろいろな写真スタジオで育ったような感じです。もちろんこれが私が写真を撮り始めた理由の1つでもあります。私の記憶では16歳ぐらいの時に自分の写真を撮り始めたと思います。

Q:最終学歴を教えてください。写真を専攻しましたか?

P:はい。ドイツのドルトムントの大学で写真を勉強しました。

Q:影響を受けた表現はありますか? 例えば写真家、映画、音楽などで夢中になったアーティストやミュージシャンはいますか?

P:もちろん! たくさんあります。私はいろいろなものに影響を受けました。荒木経惟氏やボリス・ミハイロフ氏などの大物写真家などですが、ライフスタイルでは、ジム・モリソン氏にとても影響されました。私は彼のようにスピードのある、ハードな人生を送りたいと思っています。私の作品は、私のこういったライフスタイルのポートレートだと思っています。

Q:あなたはライアン・マッギンレーの下で働きましたが、なぜ彼の下で働くことを選んだのですか? 何を一番学びましたか?

P:大物の写真家の中で、彼が一番最初に私に仕事をオファーしてくれました。彼からはビジネスについてたくさん学びました。彼は世界でも最高の写真家の1人だと思います。彼の元で働けたことを光栄に思っています。

Q:彼に影響されましたか?

P:幅広い意味でそう思います。

Q:写真を職業にした理由はなんですか? 他の職業を考えたことはありますか?

P:私はこのために生まれてきたと思っています。写真を愛しています。これは仕事ではなく、私のライフです。私は他に得意なものもありませんし、オフィスで働くことも9時から5時の仕事もできない。私はいつも写真家になりたかったのですが、この夢が本当にかなうとは思わなかった。

Q:日本で知っている写真家はいますか? その人のどんなところを評価していますか?

P:たくさんの日本の写真家を知っています。私のすべての作品において日本のヌード写真、特に荒木経惟氏、森山大道氏の作品に影響されていると思っています。日本の写真家は世界でもベストだと思います。


●Work 活動内容

Q:現在興味ある被写体や撮影テーマは何ですか?

P:ヌードとユース(若者)です。そして、それが長い間同じであることを願っています。

Q:現在、商業写真と作家活動、どちらが主体ですか?

P:分からないです。現在、エディトリアルの仕事をたくさんしていますが、これが自分の作品を創ることを止めている気がします。

Q:最近は一眼レフでもムービーが撮れますが、ムービーに関する仕事や活動は行っていますか?

P:何本かミュージックビデオを撮りました。ビデオの仕事をするのは好きですが、自分の作品と同じで、昔のスタイルのVHSを使うのを好んでいます。

Q:ご自分のこれまでの作品でベスト3と思うものを挙げてください。それぞれの選定理由や思い出も教えてください。

P:ノー。私のベスト3は言えません。

1つ私にとってとても大切な写真があります。それは私の祖母の写真です。これはPogo Booksよりちょうどリリースされた私の写真集の表紙になっています。最近、彼女が亡くなる前に撮影したものです。彼女は健康で、良い人生を送っていました。誰もが彼女が近いうちに亡くなるなどと思ってもいませんでした。彼女が亡くなる数時間前に私は彼女を訪ねました。私が彼女を生前に見た最後の人でした。あの日に彼女を訪ねようと思ったことをとても嬉しく思います。安らかに眠ってください。


●Tools 現在の道具

Q:フイルムカメラは何をお使いですか? 

P:私はカールツァイスのレンズをすべてに使い、フィルムのみで仕事をします。私が使用しているカメラは、「Contax G2」「Contax T3」「Contax Aria」「Yashica T5」。これらは毎日使用しています。

Q:一番好きなフイルムはなんですか? フイルム名とその理由を教えてください。

P:私にとってベストのフィルムは一番安いものです。私の場合はFujiのSuperiaです。1本が約1ユーロです。私は1ヶ月に50〜100本のフィルムを撮るため、これが唯一お手頃なものだからです。ISO200〜400のタイプをいつも使用しています。

Q: デジタルカメラは何をお使いですか? 具体的なメーカー名や製品名を教えてください。複数あればできるだけ書いてください。

P:私はデジタルカメラを一回も使用したことがありません。

Q:現在のメインのカメラはなんですか? その理由も教えてください。

P:「Yeshica T5」です。なぜなら、私のポケットに入るし、いつも持っていることができるからです。Yashica T5を10個ぐらい持っています。1つはいつも私の枕の下に置いてあります。

Q:現在お使いのアクセサリー(三脚/一脚、ストロボ、プリンタなど)を教えてください。

P:私にとって一番重要なアクセサリーはスキャナです。私はPakon f135+を簡単なスキャン用に、ニコンのcoolscan5000を最終作品用に使用しています。

Q:他に撮影に必要なアクセサリー、または機材はありますか?

P:特にありません。私の撮影はとてもベーシックです。カメラだけ。何本かのフィルムとお酒があればその場を和らぐことができます。

Q:デジタル写真の場合、ソフトウェアは何をお使いですか?

P:スキャンしたものから埃や髪を取り除くためにPhotoshopを少しだけ使います。レタッチは一切しません。

Q:現像はご自分で行いますか?

P:いいえ。私は世界中のさまざま現像所を使用して仕事をしています。

Q:フィルムカメラとデジタルカメラ、どちらが好きですか?

P:私はフィルムでしか仕事をしません。デジタル写真のメリットははたくさんありますが、私には違和感を感じます。私自身が満たされるためにはフィルムで撮らなければならないと思っています。デジタル写真は絶対にやりません。


●Schedule 今後の活動

Q:2013年の活動予定をお聞かせください(展覧会、プロジェクトや出版など)

P:つい最近mittelkinderという写真集を出版したばかりです。購入はhttp://www.pogobooks.deよりできます。7月のベルリンファッションウィーク中に展覧会を予定、そして日本でも展覧会をする機会を得られたらと思っています。

Q:日本の若手のフォトグラファーに一言お願いします。

P::私にとって写真はフィーリングです。お金持ちや有名になりたいから撮るわけではないです。私が写真を撮る理由は、小さいときから撮っていて、他に何もできないからです。

他の人に作品を邪魔されないように、自分が正しいと感じることをやればいい。そして人がそれを好きでなくても関係ないです。自分らしくいればいい。

−−ありがとうございました。






Profile:
Born 1989 in Essen, Germany.Studied photography at the university of Dortmund.Moved to New York in 2011 to work for Ryan McGinley.Since 2012 I also assisted Ruvan Wijesooriya.Just moved to Berlin in 2013 and currently splitting my time between Berlin and London.

Questionnaries

Q. When and where you were born?

I was born 1989 in Esen, Germany.

Q. How old were you when you started taking photographs? Do you remember how you became interested in taking pictures?

I can't really remember the age anymore.My mother is a stylist for fashion photography so I kind of grew up in different photo studios. Of course this is one reason why I started taking pictures. I think I was around 16 when I started doing my own photography.


Q. What is your academic background? Did you major in photography?

Yes. I studied photography at the university in Dortmund, Germany.


Q. When you were young, did you get influenced from any artists, movies or musicians?

Sure. There were a lot. I'm influenced by so many things. There are big photographers like Araki, Boris Mikhailov and so. But I also think Jim Morrison influenced me a lot. Lifestyle wise. I wanted to live a fast and hard life like him. And, my work is kind of a portrait of my version of this lifestyle.


Q: You have worked for Ryan McGinley. Why did you choose him to work for? How was it? What did you learn the most?

He was the first big photographer who offered me to work for him.I learned a lot about the business. He is one of the best photographers in the world, I think. It was a pleasure to work for him.

Q: Do you think you are influenced by him?

Yes, I am in so many ways.

Q: Why did you choose to be photographers (artists)? Have you ever considered any other professions?

I think I was born to this. I love photography. It’s not just a job. It’s my life.
I'm not good in anything else. I could never work in the office or having a 9 to 5 day job. I always wanted to be a photographer, but I never expected that this dream will come true.

Q: Do you know any Japanese photographers? If so, what do you think about their work?

I know a lot of Japanese photographers. I think Japanese nude photography especially by Nobuyoshi Araki and Daido Moriyama influenced me with my whole body of work. I think Japanese photographers are the best in the world.


-Works-

Q: What subjects and themes are you interested in the most right now?

It’s nudity and youth. And, I hope it will be the same for a long long time.

Q: Which is your current main work, commercial photography or non-commercial fine art photograph?

Not sure. I do a lot of editorial work at the moment. but it feels like this only stops me doing my own thing.

Q: Nowadays, you can take a movie with a single-lens reflex camera. Are you doing any projects or works with movies?

I did some music videos. I like doing video work.But like with all my work, I prefer doing it old school on VHS.

Q: What are your three best works? Can you explain why? If you have any stories about them, please share them with us.

No. I can't tell you my 3 best works.

There is one picture, which is really important to me.It’s a picture of my grandmother. It’s the cover of my book I just released with the publisher pogo books. I took it recently before she died.She was fit and had good days. Nobody was expecting that she will die soon.
I just visited her some hours before she died. I was the last person who´ve seen her. I'm so happy that I decided to go there that day. RIP <3.


-Tools-

Q: Which film camera are you currently using? Please let us know specific model. If you have more than one camera, please list as many as possible.

I use everything with Carl Zeiss lenses.I only work on film.
The cameras I use are:

Contax G2
Contax T3
Contax Aria
Yashica T5

These cameras I use everyday.

Q: Which brands of film do you like the best? Please explain why.

For me the best film is the cheapest.In my case, it’s a Fuji Superia. It’s like 1 euro each film.Because I shoot about 50-100 films a month, it’s the only one that is affordable. I always use ISO 200 or 400 films.

Q: Which digital camera are you using? Please let us know specific model. If you are using more than one, please list as many as you can.

I actually never use digital cameras.

Q: Which camera do you use the most? Are there any reasons why?

It’s the Yeshica T5. Just because it fits in my pocket and I always have it with me. I have like 10 Yeshica t5´s. One of them is always underneath of my pillow.

Q: What camera accessories are you using (e.g. tripod, monopod, strobe light, or printer)?

For me the most important accessory is my scanner.I use a Pakon f135+ for fast scans and a Nikon coolscan 5000 for my final works.I can’t do what I do without these two scanners.

Q: Are there any other essential accessories or tools for your photo shoot?

Not really. I work pretty basic. Just a camera. Some rolls of film and some alcohol do make the situation more comfortable.

Q: What software do you mostly use for your digital camera (e.g. Photoshop, Capture One, etc)?

Some photoshop, but only to remove dust and hairs from my scans. I never do real retouching.

Q: Do you develop films on your own?

No. I work with different labs all over the world.

Q: Which do you prefer, a film camera or a digital camera?

I only work with film. There are so many pros in doing digital photography, but for me. it doesn't feel right. I need to shoot film to be happy. I will never work digital.


-Upcoming works/projects-

Q: What are your plans for 2013? (E.g. exhibitions, projects, or publications)

I just released a book which is called mittelkinder. You can buy it here.
www.pogobooks.de . I also will have an exhibition during Berlin Fashion Week in July and hopefully I can figure out an exhibition in Japan ,too.

Q: Please give us any comments to the young inspired Japanese photographers.

I think photography for me is a feeling.
I don't do it because I wanna get rich or famous.I do it since I'm young and I can't do anything else.Don't let people interrupt your work. Just do what feels right to you.And if people don't like it, it doesn't matter. Be yourself.

Thank you very much!






↑Page Top


| ご利用について  | 広告掲載のご案内  | プライバシーについて | 会社概要 | お問い合わせ |
Copyright (c)2010 colors ltd. All rights reserved