●PCJ Interview
・File12 飯田かずな
・File11 河合俊哉
・File10 酒匂オサム
・File09 P.M.Ken

・File08 高木こずえ
・File07 太田拓実
・File06 鈴木心
・File05 青山裕企
・File04 小山泰介
・File03 奥本昭久
・File02 常盤響
・File01 辻佐織

●Company File
・File08 アドビ システムズ
・File07 富士フイルム
・File06 駒村商会
・File05 ジナー
・File04 ハッセルブラッド
・File03 シグマ
・File02 フェーズワン
・File01 ライカ

●Overseas Photographers
File09 Josh Madson
・File08 Michael Kenna
・File07 Todd McLellan
・File06 Mona Kuhn
・File05 Diana Scheunemann
・File04 Albert Watson
・File03 Nick Meek
・File02 Rankin
・File01 Ron van Dongen







翻訳:編集部

→English Version

メールインタビューに協力いただいたモナ・キューン氏

「シリーズ海外写真家たちに聞く」では、現在活躍されている海外写真家の方々に、「バイオグラフィー」「活動内容」「現在の道具」「今後の活動」という4つの質問を軸にインタビューを行っていく。今回はヌードを中心に作家活動を行っている女性写真家、Mona Kuhn氏に登場いただいた(翻訳文の下に、英語によるインタビューの原文も掲載している)。

All Photographs © Mona Kuhn




モナ・キューンの主な作品から
・モノクロ作品


▲「Paysage4」 (クリックで拡大)


▲「Paysage6」 (クリックで拡大)


▲「Paysage14」 (クリックで拡大)


▲「Stone1」 (クリックで拡大)

・ポートレート作品


▲「Portrait6」 (クリックで拡大)


▲「Portrait8」 (クリックで拡大)


▲「Portrait12」 (クリックで拡大)


▲「Portrait16」 (クリックで拡大)


▲「Portrait23」 (クリックで拡大)


▲「Portrait42」 (クリックで拡大)


▲「Portrait44」 (クリックで拡大)


▲「Portrait49」 (クリックで拡大)

●プロフィール:

モナ・キューン(Mona Kuhn) はドイツ人で、1969年ブラジル・サンパルオに生まれる。現在、夫と息子とロサンゼルスに在住。彼女はオハイオ大学でBAを取得後、さらに勉強をするため、1996年にSan Francisco Art Institute、1999年にロサンゼルスのThe Getty Research Instituteに進む。
モナ・キューンの作品は形象的である。彼女は主な被写体である身体を、私たち自身がそこに棲んでいるかのように再定義している。彼女の作品は、アメリカなどで、パブリックコレクション、プライベートコレクションが展示されている。彼女の最初の写真集「Photographs」はSteidlより2004年に出版。その後「Evidence」が同じくSteidlから2007年に出版されている。「Evidence」の写真はすべて彼女が毎年夏を過ごすフランスで撮影したもの。


●写真を始めた理由について:

12歳の誕生日に両親がコダックのカメラをプレゼントしてくれて、それで写真を撮り始めました。最初に撮影したのはその日に撮った私の友達です。ある意味、あまり変わってないですね?

●影響を受けたもの:

私はすべての物、映画、写真、ビルボード、本、絵画、グラフィティに影響されています。私の目で見えるすべてのものを観て、そして吸収しています。写真に関しては、初期に一番強く影響されたのは、暗い被写体58やヌードを撮るブラジル人の写真家、Mario Cravo Netoです。彼の作品はとてもセンセーショナルで、私の初期の作品は彼の作品にとても感化されています。そして、私がアメリカへ移住した時、Marioの双子の兄弟のStarnの作品に驚かされました。私の作品には直接影響は与えませんでしたが、彼らの作品は、写真が純粋な表現形式であることに対して私の考え方を広げてくれました。同様に、Nan Goldin、Leon Levinsteinのすべての作品と、Julian Schnabelの映画の中の写真が大好きです。

●カメラについて:

私はハッセルブラッドを所有しています。正方形のフォーマットをとても好んでます。カメラを持っている感覚と緻密なレンズが好きです。ライティングに関しては、私にとって自然光に勝るライトはないです。

●アナログとデジタルについて:

私はほとんどアナログで撮っています。まだ、フィルムをとても愛しています。私が撮影するロケーションには、隔たった電気のない場所などがあるのでデジタルのシステムを持って行くのは不可能です。けれど、たまにデジタルで撮影する場合もあります。ベニスではデジタルのハッセルブラッドで撮影しました。沢山のフィルムをボートに乗せて持って行くより、デジタルのシステムを持っていく方が使いやすかったからです。アナログもデジタルもどちらの方法も良いと思います。どんなシチュエーションであなたが撮るかによります。

●創造力のプロセスについて:

私は色を思い浮かべることから始めます。何故だか分からないけど、彩色が最初に思いつきます。そこから、感情を結び付け、そしてロケーション、最後に人物です。撮りたい人物を見つけるのにプロジェクトが始まって6ヶ月かかるという時もあります。この準備期間は、自身を没入し、感じ、私が言いたいこと、表現したいことを引き出してくれます。人物を撮り始めた時には、私が何を表現したいか、視覚的言語は成熟しています。なので、人物を撮影するのはとても自然で私が伝えたい感情が調和します。

●光のコンディションについて:

マジックアワーは日の出の2時間と日没前の2時間です。ただのライティングだけではないと思います。私たちはその時間、まるで何分か静止してしまうような中で、さまざまな思いを感じると思うのです。その感情を撮るのはとても美しいことです。

●ボディについて:

私は身体が、私たちの感情や意識、内面的な部分が潜んでいる場所だと考えています。私は、羞恥心や後悔のない、自由で永久な私たちの中に潜む人間を写しています。

●モノクロ写真について:

モノクロ写真を恋しく思うようになり、私の周囲や夏の雷の空などをモノクロ写真で撮り始めました。風景は迷路のように、私をどの方向へ連れて行ってくれるか分からない、まるでグリム兄妹の童話にいるような感じです。これらは、近々出版される写真集「Bordeaux Series」に含まれています。展覧会はロンドンで去年の秋に開催されました。展覧会ではこれらを大きな38×72インチのプリントにしました。本物の銀塩ファイバーベース紙にプリントするのは、私の夢でした。これらのプリントは素晴らしい、絶対的に妥協できない、本物です!

●将来のプロジェクトについて:

私の4冊目の写真集が2011年秋にSteidlより出版されました。タイトルは「Bordeaux Series」です。ヌード、ポートレートとフランスのボルドー地区周辺の風景が交ざった本です。最初の展覧会はロンドンのFrieze に連結するCork StreetにあるFlowers Galleryで10月に展示され、引き続いてParisPhoto開催中にパリで写真集がリリースされます。展覧会はその後ニューヨークのFlowers Galleryに移り、2012年春にロサンゼルスのM+Bにて展示されます。

●使用カメラ:

アナログ:ハッセルブラッド503、80mm、自然光
デジタル:ハッセルブラッドH3D、80mm


−−ありがとうございました。






●Profile:

Mona Kuhn was born in Sao Paulo, Brazil, in 1969, of German descent. She received her BA from The Ohio State University, before furthering her studies at the San Francisco Art Institute in 1996 and then at The Getty Research Institute, Los Angeles in 1999. Mona Kuhn's work is figurative. She is interested in redefining ways of looking at the body, as a residence to ourselves. Her work has been exhibited, and is included in public and private collections, internationally and in the United States. Kuhn’s first monograph, Photographs, was debut by Steidl in 2004; immediately followed by, Evidence, published by Steidl and released in Spring 2007. The images appearing in Evidence were photographed entirely in France, where she resides each summer. Currently, Mona lives with her husband and son in Los Angeles.

●How i started:

I began taking photographs at age 12, when my parents gave me a small Kodak camera for my birthday. The first images were of my friends during that day. In a way, little has changed.

●Influences:

I am influenced by everything, movies, photography, billboards, books, paintings, graffiti. I am looking and absorbing all I can see with my eyes. In regards to photography, early on my strongest influences were Mario Cravo Neto, a Brazilian photographer working mostly with dark figures and nudes. His work is sensational, and early on influenced mine very much. Then when I moved to the US, I was marveled by the work of the twin brothers Starn. It had little direct influence on my personal work, but it opened my mind for taking photography as a serious form of expression. I also love the lifetime works of Nan Goldin, Leon Levinstein and the photography in Julian Schnabel’s movies.

●Camera:

I have a Hasselblad, i love the square format. I really like the feel of holding it, and the precise lenses. As for lighting, there is nothing more beautiful to me than a gorgeous moment shaped by natural sunlight.?

●Analog vs Digital:

I shoot mostly analog. I am still very much in love with film. Some of the locations I shoot are removed and do not have electricity, so it would be impossible to bring a digital system. But at times, I shoot digital as well. The images of Venice were shot with a digital Hasselblad. It was easier for me to bring the digital system, instead of bringing a thousand rolls of film on the boat. Both ways are good, it really depends on what situation you are.?

●Creative process:

I start by imagining colors. I don’t know why, but coloration comes to me first. From there I tie in emotion, then location and last the people. I might be working 6 months into a project before I find the right person to photograph. This preliminary phase gives me time to submerge, to really feel and bring out what I am trying to say, what I am trying to express. By the time I start photographing people, I already know what I want, the visual vocabulary is matured, so photographing people feels natural and in line with the overall emotion I am trying to convey.?

●Light conditions:

The magic hours at sunrise and the last 2 hours before sunset. It is not just the lighting, I think we feel different during those moments, as if emotions could stand still for a few minutes. It is beautiful to capture that feeling.?

●Body:

I see the body as a residence to our emotions, our soul, our inner selves. I photograph the human in us, without shame, without regret, free and timeless.?

●BW photograph:

I started missing black-and-white photographs, so I started taking BW photographs of my surroundings and summer thunder skies. The landscapes have a maze-like feel to them, as if you were inside a Brother Grimm’s tale, not knowing where the path might take you. They are now included in the upcoming book titled Bordeaux Series. The exhibition opens in London this Fall. I am printing them large, 38x72 inches. It is a dream for me to be able to print them on real gelatin silver fiber paper. They are amazing, absolutely no compromise, the real thing!?

●Future Project:

My forth book with Steidl is coming out this Fall. It is titled "Bordeaux Series". A mix of nudes, portraits and landscapes around the Bordeaux region in France. The first exhibition opens in October in London at Flowers Gallery on Cork Street, in conjunction with Frieze, followed by the book release in Paris during ParisPhoto. The exhibition then comes to Flowers Gallery in NY and M+B in Los Angeles during Spring 2012.?

●Extra Technical Information:

Analog - Hasselblad 503, 80mm lense. natural light
Digital - Hasselblad H3D, 80mm lense


PCJ: Thank you very much!.





↑Page Top


| ご利用について  | 広告掲載のご案内  | プライバシーについて | 会社概要 | お問い合わせ |
Copyright (c)2010 colors ltd. All rights reserved