●PCJ Interview
・File12 飯田かずな
・File11 河合俊哉
・File10 酒匂オサム
・File09 P.M.Ken

・File08 高木こずえ
・File07 太田拓実
・File06 鈴木心
・File05 青山裕企
・File04 小山泰介
・File03 奥本昭久
・File02 常盤響
・File01 辻佐織

●Company File
・File08 アドビ システムズ
・File07 富士フイルム
・File06 駒村商会
・File05 ジナー
・File04 ハッセルブラッド
・File03 シグマ
・File02 フェーズワン
・File01 ライカ

●Overseas Photographers
File09 Josh Madson
・File08 Michael Kenna
・File07 Todd McLellan
・File06 Mona Kuhn
・File05 Diana Scheunemann
・File04 Albert Watson
・File03 Nick Meek
・File02 Rankin
・File01 Ron van Dongen




http://www.dianascheunemann.com/


翻訳:編集部

→English Version

メールインタビューに協力いただいたディアナ・シューマン氏

「シリーズ海外写真家たちに聞く」では、現在活躍されている海外写真家の方々に、「バイオグラフィー」「活動内容」「現在の道具」「今後の活動」という4つの質問を軸にインタビューを行っていく。今回は気鋭の女性フォトグラファー、Diana Scheunemann氏に登場いただいた(翻訳文の下に、英語によるインタビューの原文も掲載している)。

All Photographs © Diana Scheunemann




最新の写真集「Love American Skin」より抜粋


▲「Love American Skin」 (クリックで拡大)


▲「Love American Skin」 (クリックで拡大)


▲「Love American Skin」 (クリックで拡大)


▲「Love American Skin」 (クリックで拡大)


▲「Love American Skin」 (クリックで拡大)


▲「Love American Skin」 (クリックで拡大)



▲「Love American Skin」 (クリックで拡大)


▲「Love American Skin」 (クリックで拡大)


▲「Love American Skin」 (クリックで拡大)


▲「Love American Skin」 (クリックで拡大)

●Biography バイオグラフィー

PCJ:いつ、どこで生まれましたか?

1975年、ドイツです。

PCJ:写真を始めたのは何歳の頃ですか?

12歳ぐらいの時です。

PCJ:何故写真に興味を持ったか覚えていますか?

子供の頃に隣に住んでいた人がカメラマンでした。自分で小さいスナップカメラを買ったのがはじまりです。

PCJ:子供の頃他に何に興味を持っていましたか?

私はガールスカウトでした。;o)

PCJ:最終学歴を教えてください。

4年間美術の大学へ行きました。

PCJ:写真を専門に学んだのでしょうか?

はい。

PCJ:若い頃に影響を受けた表現はありますか? 例えば写真家、映画、音楽などで夢中になったアーティストやミュージシャンはいますか?

いいえ。自分のスタイルを持つ以前に、知っている写真家は誰もいませんでした。

PCJ:写真を職業にした理由はなんですか? 他の職業を考えたことはありますか?

学校をやめようと思った時点で、私の中には他に選択肢がなかったような気がします。


●Work 活動内容

PCJ: 現在興味ある被写体や撮影テーマは何ですか?

人間、そして、彼らのストーリーです。映像への興味も日々湧いてきています。映像によって、その人のことをもっと表現できるからです。

PCJ:現在、商業写真と作家活動、どちらが主体ですか?

去年、初めての80分の映像を作りました。夫と行ったロードトリップのドキュメンタリーで、旅の中で出会ったアメリカ人たちを撮影しています。他には、自分のプロジェクトを制作するために、広告のお仕事を受けています。

PCJ:最近は一眼レフでもムービーが撮れますが、ムービーに関する仕事や活動は行っていますか?

今、答えたとおりです。

PCJ:ご自分のこれまでの作品でベスト3と思うものを挙げてください。それぞれの選定理由や思い出も教えてください。

1つ目は、映像の「Love American Skin」が大好きです。なぜなら、私が作品を観る人たちに対して、アメリカ人についてどう思うべきか語らずとも、彼らがどんな人たちかが表現できているからです。

2つ目は、私の2冊目の写真集「Diana Scheunemann」が好きです。これは、自分のパーソナル作品とエディトリアルが交ざったものです。特に今この本を見ているとたくさんの思い出がよみがえってきます。

もう1点は、私の友人を撮っている作品がとても好きです。これは、長期間のプロジェクトです。


●Tools 現在の道具

PCJ: デジタルカメラは何をお使いですか? 具体的なメーカー名や製品名を教えてください。複数あればできるだけ書いてください。

キヤノンのEOS 1Ds Mark IIIです。

PCJ:現在のメインのカメラはなんですか? その理由も教えてください。

上に同じです。

PCJ:撮影に欠かせないカメラ関係の道具はありますか?

いいえ。とてもベーシックです。ただ、カメラとレンズ。ストロボをたまに使用するだけ。

PCJ:フイルムとデジタル、どちらが好きですか? またそれぞれの長所、短所をお聞かせください。

私の撮り方を考えると、アナログで撮影する理由は見当たりません。私は今ここで生きていて、カメラの方法に対して感傷的ではありません。デジタルは、手頃な値段で、早く簡単です。


●Schedule 今後の活動

PCJ: 2011年の活動予定をお聞かせください(展覧会、プロジェクトや出版など)

私の映像作品を仕上げることです。

PCJ:今後撮ってみたい被写体はなんですか?

私は、自分の身体に対してオープンな人、そして自分たちの生活に私を入れてくれる人が好きです。

PCJ:日本の若手のフォトグラファーに一言お願いします。

撮って、撮って、撮りまくることね。


−−ありがとうございました。






Diana Scheunemann

Diana Scheunemann’s photography is alive with sensuality and emotion. She was born in 1975 in Germany and educated in Switzerland. Scheunemann has since spent a decade travelling and capturing the scenes from her life with provocative honesty. Her instinctive desire to pursue photography has taken her across the globe in search of stimulating imagery.

-Questionnaries-

PCJ: When and where you were born?

A1975 in Germany.

PCJ: How old were you when you started taking photographs?

About 12 years old.

PCJ: Do you remember how you became interested in taking pictures.

My neighbour was a photographer and I bought myself a little snapshot camera.

PCJ: Were there anything else you are interested in back then along with photography?

I was a Scout ;o)

PCJ: What is your academic background?

I went to art school for 4 years.

PCJ: Did you major in photography?

Yes.

PCJ: When you were young, did you get influenced from any artists, movies or musicians?

No.I didn’t know about any photographers before I had my own style.

PCJ: Why did you choose to be photographers (artists)? Have you ever considered any other professions?

I think from the point that I was thinking of leaving school there was never another option for me.


-Works-

PCJ: What subjects and themes are you interested in the most right now?

Humans. And their story. I’m getting more and more interested in film as well. It shows more about a person.

PCJ: Which is your current main work, commercial photography or non-commercial fine art photograph?

Last year I did my first 80min film. It is a documentary about a road trip I did with my husband. The film is about the American we met on the way. Other then that I do commercial work to finance my own projects.

PCJ: Nowadays, you can take a movie with a single-lens reflex camera. ?Are you doing any projects or works with movies?

Oh, this is already answered at the top.

PCJ: What are your three best works? Can you explain why? If you have any stories about them, please share them with us.

I love my film “Love American Skin”. Because it shows Americans how they are without me telling the audience what they should think about them.

I love my 2nd published book “Diana Scheunemann”. It is a mix of very personal work with editorials. Specially looking at this book now brings back lots of memories.

I love a story I’m shooting of a friend of mine. It’s a longterm project.


-Tools-

PCJ: Which digital camera are you using? Please let us know specific model. ?If you are using more than one, please list as many as you can.

Canon EOS 1Ds Mark III.

PCJ: Which camera do you use the most? ?Are there any reasons why?

Canon EOS 1Ds Mark III.

PCJ: Are there any other essential accessories or tools for your photo shoot?

No. Very basic. Just Camera, lense and flash sometimes.

PCJ: Which do you prefer, a film camera or a digital camera? What do you feel about their pros and cons?

For the way I shoot I don’t see any reason to shoot analog. I’m living in the here and now and am not nostalgic about camera practices.Digital is affordable, quick, easy.


-Upcoming works/projects-

PCJ: What are your plans for 2011? (E.g. exhibitions, projects, or publications)

Finishing my film.

PCJ: What subjects are you interested in photographing?

I love people who are open about their bodies… and let me into their live.

PCJ: Please give us any comments to the young inspired Japanese photographers.

Shoot,Shoot,Shoot.

PCJ: Thank you very much!.





↑Page Top


| ご利用について  | 広告掲載のご案内  | プライバシーについて | 会社概要 | お問い合わせ |
Copyright (c)2010 colors ltd. All rights reserved